FC2ブログ
AGITO GROUP 東京店&目白発 激エロ LEGEND~見習いレベルの初心者店長が激やば!!

デリヘル初心者店長ゲ~ハ~の奮闘記♪

男子400mリレーが勝ち取ったメダルの重み | main | これがスター不在?大阪桐蔭記録尽くめV
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
上野「負けたくないという気持ちで、3試合投げ切れた」
斎藤監督 まずは、優勝できて良かったと思います。多くの日本のみなさんが、応援してくれました、ありがとうございます。感謝の気持ちを述べたいと思います。よく選手が頑張ってくれました。その中でもここにいます、上野投手が本当に踏ん張って連投を重ねてくれました。そして、山田選手のホームランで選手が波に乗れました。コーチングスタッフ、すべてのスタッフ、選手がチーム一丸となった結果だと思います。

――この結果がソフトボールの復活につながると思うか?

斎藤監督 オリンピックに向けて、日本チームはまず、目標としては優勝すること、そしてオリンピック復活に向けては、世界中の皆さんにソフトボールの素晴らしさを伝えたいと思ってここまできました。そういう意味では非常に有意義な大会だったと思います。

――上野投手のスタミナについては?

斎藤監督 上野投手はこれまで自分に厳しくトレーニングを重ねて、この日の目標を達成するために頑張ってきました。精神力、スタミナもありますし、それだけの努力してきた成果だと思います。さらに、勝負師として戦う気持ち。私もアテネの時に一緒にプレーしていましたが、今回のピッチングは素晴らしかったと思います。相手に向かう気持ちがありました。

――上野投手、投球の際に気をつけていたことは? 山田選手は、米国の両投手をどう攻略しようと考えていたか?

上野 3連投させてもらって、昨日の2試合では、とくにオーストラリア戦で思ったより体力を消耗したので、今日はスピードより回転、キレで勝負しようと思いました。ただスピードがない分、(コースが)甘いと打たれると思ったので、コントロールをしっかり、変化球を交えながら、いかにボール球を振らせるかというピッチングを心掛けました。

山田 オスターマン投手に関しては、1打席目に見逃し三振したんですが、その打席についてはまずどんなボールを投げるのかを見たいと思っていて、相手の出方を見たというのが第1打席です。第2打席目でホームランを打ったわけですが、1球目のドロップのボールに手を出して、次に来るボールをしっかりと狙っていこうと思っていました。オスターマン投手は、ボール球を振らせるのが持ち味のピッチャーだと思うので、打ったのはボール球だったんですけど、とにかくライズを狙っていました。
 アボット投手は、オスターマン投手よりスピードがあってキレもあるので、速い打球を打ち返そうとい気持ちでいました。打ちにいくトップを速く作っていこうという、それだけで、狙い球もライズ系で来るだろうと狙っていました。

――上野投手、こんなに投げたことがありますか?

上野 2日間で何球ですかね? こんなに投げたことはなくはないと思うんですが、3日で5試合という、日本にはそういう試合があります。そういった連投経験があるので、球数的にはそんなに意識はなかったんですが、オリンピックと世界の選手が集まる大会でこれだけ投げるのは、体力的だけでなく精神面だったり、頭が疲れました。

――上野投手、今朝起きたときの感覚は?

上野 昨日300球ちょっと投げたわりには、朝起きたときにはそれほど疲労感もあまりなくて、アップで体を動かしたときには今日はいけるなという感覚はありました。
■山田「一人一人が絶対に金メダルを取ると信じていた」

――こんなに多く投げられた理由は? 最後のチャンスで金メダルを取れた喜びは?

上野 今年は1月からオリンピックに向けて調整を考えていて、キャンプもそうですし、8月にベストにもってこられるように考えながら調整し、いい形でオリンピックを迎えることができました。たくさんの人に助けられて、こうやっていいコンディションを作れてマウンドに上がれたことで、球数よりも気持ちの方が勝っていて、全然疲労感はなかったです。あとは勝ちたい、負けたくないという気持ちで3試合投げきれたと思います。

 自分が小さいときに初めてみたオリンピック、ブラウン管を通して感動したプレーを、今度はブラウン管の中で活躍して、たくさんの人に少しでも多くの感動を与えたいという思いでマウンドに立っていました。世界一になるという目標にやってきたので、そういった意味では、今回はソフトボールが最後になるとかではなくて、自分の目標を達成できたこと、ただそれだけがすごくうれしいです。目標を達成するまでに、たくさんの人に助けられて今ここに自分がいるということを感謝したいと思います。
 今回勝ったことで、2016年にまたソフトが復活することを期待して、次につなげたいと思います。

――上野投手がアテネ後の4年間で最もつらかったことは? 山田選手はキャプテンとして日本チームの強さは何だと思うか?

上野 アテネが終わって、初めの3年間くらいは、次のオリンピックという目標が遠すぎて、自分のモチベーションを上げていくことが難しくて、何のために自分はソフトボールをやっているのかという、そういった葛藤と、オリンピックで金メダルを取りたいんだという思いとで、何度も何度も行き来しながらモチベーションを保ってきたことが一番難しかったです。

山田 自分たちがこうして金メダルを取ることができたのも、いろいろな方に支えられてきたからだと思います。その感謝の気持ちを口で言うだけでなく、行動で移していこうと、一人一人が思って戦った結果だと思います。また、一人一人が絶対に金メダルを取ると信じていましたし、(メンバーから)落ちた仲間やけがをした内藤(恵美)さんの分もやってやろうという気持ちが強くて、それが金メダルにつながったと思います。

| ブログ 新人速報他 | 23:07 | コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

年齢認証

アダルトカテゴリーを含む為
18歳未満は閲覧できません!

18歳未満はこちらへ

閲覧者数


プロフィール

初心者店長

名前:初心者店長
【池袋発 AGITO東京】新米店長

お客様には最高の美女を常にご案内できるようがんばりま~す。

FC加盟店募集

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

リンク
ブログランキング
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。